メンバー紹介

金澤 裕香 創業 / 共同代表

1987年生まれ。立命館アジア太平洋大学卒業後、外資系製薬会社にて勤務。2017年に一般社団法人日本障がい疾患家族支援協会の代表理事に就任。

同年「情報共有サポート」と「仲間作り」を促進し、それを社会に発信していく事で「病気と共に生きる」が当たり前になる社会を目指しコミュニティサービスCARE LANDを開始。

また、病名不明の娘との3年間の入院生活での自身の経験や想いを各メディアや講演会を通して広める活動も積極的に行っている。産後ケアリスト1級取得。

2018年にNEC社会起業塾生に選出され社会起業家として活動。
2019年アンリーシュを創業。

 

竹内 真 創業 / 共同代表

1978年生まれ。立命館大学卒業後、大手小売企業、コンサルティング会社にて勤務。ビジネスや商売の基本を習得する。その後、複数のITベンチャー企業の経営に携わる。新規事業創造、プロジェクト推進を得意とする。

企業経営の傍ら、社会課題解決に取り組む企業やNPOでプロボノとして活躍。

2019年アンリーシュを創業。
誰かの不得意を誰かの得意で助け合える優しい社会を作りたい。

 

清水 早恵香 ディレクター

1983年生まれ。大手メーカー会社のグループ企業にて、イベント企画や営業職を担当。会社員ではできないことをやってみたいと模索している間にアンリーシュに出会う。

アンリーシュではWebメディアやイベントの企画運営業務に携わり、中心メンバーとして活動。

【医療ケア児とその家族が暮らしやすい社会】をつくれるよう邁進する。